冷えはおっぱいのサイズダウンになります

女性にとって、
お椀のような形の良いおっぱいは、
理想的ではありませんか?

最近、おっぱいにハリが
なくなってきたみたいだとか、

垂れ下がってきたみたいだとが、
おっぱいのサイズダウンを

年齢のせいだから仕方がない
と思っていませんか?

サイズアップのための
サプリメントも摂ってるし、

ストレッチも行っているのにと、
思うようにバストアップの効果が

でないという方は、自分のおっぱいに
ふれてみてください。

冷たくありませんか?

意外なことに
女性の大敵でもある

「  冷え症  」 は、

おっぱいのサイズダウンと、
とても密接な関係にあるのです。

 

バストアップに欠かせないのは血行

女性の場合、男性に比べると
体全体の筋肉量が少なく、

ホルモンバランスの関係により
「冷え症」が多いといわれています。

この「冷え症」は簡単にいうと、
血行が悪くなることで、

身体の末端まで血が
行き渡らなくて起こる障害です。

おっぱいが冷たいということは
血行が悪いということで、

バストアップに重要な
ホルモンの分泌や、栄養分、

脂肪分が充分におっぱいまで
行き渡っていないと
いうことになってしまいます。

これではいくらサプリメントを摂取しても、
ストレッチを行っても、
効果が現れにくいでしょう。

バストアップの効果を
上げるためのポイントは、

温めることです。

入浴中が一番身体全体の血行が
良くなっていますから、

この時にマッサージを行うことが
バストアップには効果的です。

冷えはおっぱいのサイズダウンになります

バストアップの為の簡単習慣

両手で優しくバストを
包み込むように持ちます。
ゆっくりと上下に動かします。

これだけでも充分に
マッサージ効果はあります。

かなり簡単なので
ぜひお風呂での習慣にして下さい。

また入浴後20分以内に
バストアップのストレッチや
ヨガを行うことも効果的です。

そして身体全体を、
身体の中から温めることも大切です。

代表的な食材ですと、
しょうがやにんにくといった香辛料や、

野菜ではごぼう、人参、芋類などの
根菜類を多く摂るように心掛けると

バストアップだけでなく、
身体の隅々まで温めてくれます。