ツンと上向き円錐型バストの作り方

日本人の女性のバストのカタチは一般的にはお椀タイプが多いので、欧米の女性の円錐型のバストには強いあこがれを抱いてしまいますね。

バストのカタチも色々あるので理想のバストになるために、どんな方法があるのかご紹介しようと思います。

男性にも女性にも憧れられる「美しいバスト」を目指してみませんか?

 

バストの種類

まずはバストのカタチにはどんな種類があるのか知っておきましょう。自分のバストのカタチはどのグループになるのか鏡の前でチェックです!

1.お椀型

前述のように、日本人には一番多いのがこのタイプです。お椀を伏せたような状態で丸みを帯びていて美しいふくらみです。バストトップは真ん中から少し下です。

2.半球型

お椀型に近いカタチのバストですが、ふくらみのカーブがあるので、お椀型よりも丸みが強くなります。バストトップも中央に近くなるので理想的なバストと言われます。

3.円錐型

欧米のグラマーな女性に多いバストで、いわゆるロケットおっぱいと呼ばれることもあります。バストトップは上に向いています。

セクシーで日本人には憧れのバストです。ただし、ボリュームがあるため筋力の低下など年齢を重ねると、釣鐘型や下垂型と下に垂れ下りやすいので、バストアップを続けないと残念な状態になるリスクが高いです。

4.皿型

いわゆる貧乳のバストのことです。このタイプのバストは垂れる心配はほぼありません。乳腺の発達が乏しく、脂肪も少ないです。日本の女性には珍しくはありません。

さて、アナタはどのタイプのバストでしたか?

ツンと上向き円錐型バストの作り方

上向きバストの作り方

お椀型や半球型のバストの人はその状態をキープできるように、バストアップのエクササイズなどコツコツ続けていきましょう。

円錐型のバストになれなくても 美しいふくらみがあれば魅力的です。

欲を言えば、バストトップを 上向きにすることを意識して バストケアをしましょう。

皿型のバストの人だって、バストアップのエクササイズをしながら正しい下着選びをすることでサイズアップも目指せます!

日常生活の中で、上向きバストを作るポイント

・猫背にならないように良い姿勢で

・スマホの使い過ぎ注意

・サイズの合わないブラは着けない

・ナイトブラでバストをキープ

ほんの些細なことでも、意識を変えるだけでも効果があります。バストが垂れる原因や、形が崩れる原因を知らず知らずに作っていないか、気にして過ごしてみてくださいね。

参考動画

キレイなバストへと導くナイトブラ

■ナイトブラ「ふんわりルームブラ」

コットン100%で上質な肌触りのナイトブラ「ふんわりルームブラ」。3段ホックで離れ気味のバストであってもぎゅっと寄せあげることができ、リフトアップ構造によりバストをブラから逃しません。また、ゲルマニウムやチタン、銀などバストアップ成分まで配合されているのが大きな特徴の1つ。人気読者モデルも大注目のブラジャーです。
 
 
■「Viage」ビューティアップナイトブラ

楽天ランキングで9冠を達成し、顧客満足度95%という、大人気のナイトブラ。伸びてしまったクーパー靭帯をやさしくサポートし、「理想のおわん型」バストを目指し徹底的にこだわったブラジャーです。ノンワイヤーで伸縮性も抜群のため、ナイトブラでありながらも24時間快適に使うことができるのもポイントです。

おわりに

バストはただサイズを大きくすればそれで良いというわけではありません。魅力的なバストのカタチになれるように育乳していきましょう。